理事長挨拶

このたび無事期目を終えることができました。

 

雨の日も晴れの日もきららに通勤してくれたメンバーのみんな、そして働きたい思いを支え続けてくれたご家族や支援機関の皆さまのおかげです。

 

一緒に同じ方向を向いて、一緒に汗を流せる仲間と出会えたことに感謝しています。

 

ソフト面で働きやすい環境づくりに力を入れた一昨年に引き続き、作業工程見直しなどトヨタ式のKAIZENに力を入れた1年でした。少しずつ会社らしくなってきています。福祉のあたたかさは大事にしつつ、製造業のようにきちんと生産管理すべきところは守っていきます。

 

他にも、ベルプランツの農福連携の取り組みを発展させて、働きづらい人たちと地域社会や地場産業を盛り上げる事業を全国へ拡大する取り組みを行いました。農福連携の機運は一段と高まってきています。

 

今年度も胸を張って自慢できる商品を作ってお客様に喜んでもらえるよう、いろんな仕掛けで世の中に楽しく元気ある農業を発信していきます。期目もどうぞよろしくお願いします。

平成31年3月吉日   

特定非営利活動法人ベルプランツ


ロゴとキャッチコピーに込めた思い

ベルプランツの頭文字bとPをかたどったロゴは、無限大を意味する∞を模しています。

今まで働きづらかった人たちが植木生産に携わることで、日本中に緑がひろがるかもしれない。

ベルプランツで働くことを通して、自らの未来を無限大にひろげていけるかもしれない。

 

だから「緑ひろる。未来ひろる。」ではなく、「緑ひろる。未来ひろる。」というより能動的な表現にこだわりました。未来をひろげるお手伝いができたら、支援者としてこれ以上の喜びはありません。